痛みと肌トラブル

MENU

脱毛の痛みと肌トラブルについて

サロンやクリニックで脱毛をする際に使う、フラッシュ(光)やレーザーは、肌への照射時に痛みがあります。
この脱毛の痛みと肌トラブルは 密接な関係があるといわれています。
痛い!と思ったら、それがそのまま肌に負担になっている…ということです!
なので痛いほど後々になってトラブルを起こしやすい傾向があります。

たとえ痛みを強く感じても、必ずトラブルになる…というわけではありません。
ここで大事なのが脱毛後のお肌の手入れアフターケアになります。

肌トラブルの原因の多くは施術後のケア方法によるといわれていますので、どういった方法で対策をすればいいか、知っておくといいでしょう。
サロンやクリニックでも施術後のケアはしてくれますが、帰宅後自分でもアイシングをしたり、クリームを塗ってマッサージをする、といった方法は有効です。

お肌にトラブルがあると、せっかく脱毛してムダ毛がない状態でも、肌質が悪くキレイに見えません。
美肌はムダ毛の脱毛プラス潤いのある健康な肌の相乗効果です!
脱毛後には特に自宅でもできるだけ時間を使って肌を冷やすことをおすすめします。

もしも脱毛後に過度の炎症が続いてしまう場合には、脱毛部位を冷やすのが有効ですが炎症や赤みがひかないなら、早めに皮膚科へ受診するようにしましょう。

痛みが出やすい部位は?

また、痛みは部位によっても違いがあります。
たとえば腕や脚といったパーツであれば普段から露出が多いため刺激を受けている部分になります。
こういった部位では、比較的に痛みも少なくてすみます。
逆に普段はあまり露出していない部分、ワキやビキニラインなどは外部の刺激を受けていない分、肌が弱く毛も密集しているため痛みを感じやすいのです。

施術の方法を変えることも視野に!

施術方法によって、痛みや肌トラブルには差が生じます。
たとえば、クリニックでレーザー脱毛をしていた人が、サロンの光脱毛に乗り換えたという人は意外といます。

この理由は、料金を安くしたい…がいちばん多いようですが、肌トラブルが原因だという方もいます。
光とフラッシュでは出力の差がかなりあるので、敏感肌の人なら特にサロンの光脱毛がいいでしょう。
肌のことを考えたら、光脱毛はベストな選択といえるのかも知れません。

冷却&保湿

脱毛後の基本ケアとして、肌の冷却と保湿があげられます。
保冷剤や冷やしたタオルで施術した部分をじっくりと冷やしてあげましょう。
冷やした後は、保湿をしてあげてください。

サロンやクリニックでは保湿用のクリームをくれる場合があります。
ない場合は市販の保湿クリームでいいので、肌に優しく塗ってあげてください。


また、できるだけ長い期間(2日〜2週間程度)日焼けをしたり肌に熱を与えることは避けてください。
肌を温めるのもNGなのでお風呂も2,3日はシャワーのみにしておくといいです。

すべては美肌・美白のために!