強引な勧誘

MENU

エステサロンで勧誘されたらどうする?

脱毛サロンを利用してみたいけど、勧誘されるか心配で、なかなか行くことができない人も多いはずです。
確かに昔は酷い勧誘があるとよく耳にしたものです。
でも基本的に最近はどこのサロンでも、勧誘に関しては注意深く配慮されているので、口コミ等での評価にも繋がるし、強引な勧誘はあまりありません。
ちょっとしつこいと思うくらいはあるかも知れませんが…。

次の顧客を獲得するためにも、勧誘は不要だというのが一般的のようです。
また、行き過ぎた勧誘行為は法律でも禁止されていて、違反すると業務停止の罰則があるため、以前のような酷い勧誘は無くなっているのです。

そしてお店によっては勧誘ゼロ宣言をしているところもけっこうありますね。
お客様が本当に必要だと思うのであれば、施術にしろ関連商品にしろ、何度も誘うのはナンセンスです。
あくまで丁寧で親切なアドバイスだけあれば十分でしょう。

おすすめな断り方は…

旦那にバレて猛反対されている…という言い訳が利きます。
このため予め職業も専業主婦などにしておくと断りやすいことが多いです。
家計のやりくりにも困っていて、さらに自分には収入がないわけですから、相手側も必要以上にムリな勧誘はしてこないはずです。

特に即決を要求してくる場合には「旦那に相談しないとダメ」とか、「自分ひとりで勝手には決められない」などという断り方が有効でしょう。

いずれにしても、サロン側では新しいあの手この手があるかもしれませんので、即決は避けた方がいいかも知れませんね。
後日返事をするといっておいて、その情報について調査できるし、信頼できる内容であるかの確認をする時間も確保できます。

よくある勧誘のあれこれ

断り方でお金がないというのはよく使われる作戦だと思います。
でもこれは当然のように、サロン側の提案として、ローンを組まされる といった話に発展します。

せっかく高額な料金を出して脱毛をするので、ひとつのサロンで決めてしまうのはちょっともったいないかも知れませんよね。
複数のサロンを見比べ料金も比較してから、最終的にどこへ通うのかを決めた方が、お得な脱毛ができるはずです。

というわけで、方法のひとつとしては数カ所で見積もりをとって、その旨を正直に話した上で通うサロンを決める!という手もありです。


各エステサロンでは数多くの体験コースが用意されていると思います。
そういったサービスを利用するとして、そこでスタッフの方に「色々なエステを試している!」といったお話をします。
ここで嫌だった体験談をお話してみるといいと思いますよ。

あそこのエステサロンではスタッフの対応がとても雑だった…とか、化粧が濃いのは嫌だ…とか。
ひかれてしまうかも知れませんが…!?

そして「せっかく良いエステなのに勧誘されたのがすごい嫌だった。」とさらっと言ってみましょう。
また通えない理由を自分の都合にしてしまうと何だかんだで交渉されてしまう可能性が高いので注意してください。
あくまでサロン側の都合で通いにくかったことを伝えるといいのではないでしょうか!